コロナ感染者数を減らす為に、路上で飲酒の見回りをしていた職員と警察官に対して、京都市内の鴨川河川敷でノーマスク集団が罵倒を浴びせる動画がTwitterに投稿された。

最初に投稿された動画は消されてしまったのだが、他の方が投稿しているのを発見した。

【動画あり】ノーマスク集団・京都市鴨川で罵倒 Twitterで物議

動画では、聞き取りにくいと思うのだが、ノーマスクの人は次のように発言している。

「根拠のない感染症対策押し付けないで下さーい」
「あなたたちのやってることは、人権侵害ですよー」
「コロナの存在証明を出してから文句言え!」

見回りをしていた職員や警察官の方々は、グループに関わらないよに通り過ぎていった。

YouTubeにも投稿

ノーマスク集団・京都市鴨川に対して世間の反応

主張するのは自由だが こういう輩は感染しても病院で医療を受けない。 そして万が一、自分が感染して他人に移した場合は腹を斬る。 と一筆書いてから主張してもらいたい。 こんな輩まで治療しないといけないなんて、医療従事者の方々に申し訳なさすぎる!

個人だと出来ないのに集団になるとイキッちゃう やっている事には賛成だけど、やり方考えてね

これが自分の地元で起こっている出来事かと思うと情けなくて引っ越したい。。。

なんだか嫌なニュースだね。

実際トラブルにはなっていない

J-CASTニュースの取材に対して、職員らがノーマスクの人々を見かけはしたがトラブルにはなっていないとのこと。

グループが人権侵害だなどと主張したことについては、「状況が分かりませんので、何とも言いようがないです」と話した。

府では、集団で路上飲酒するとコロナ感染のリスクがあるとして、緊急事態宣言直後の4月26日からの見回り活動で飲酒を控えるよう声掛けをしている。

上記の通り、京都府では4月26日より緊急事態宣言が発令されている。そのため、府の職員や警察官が見回りをして注意しているとのこと。

京都市の危機管理課長も31日、「大きなトラブルがあれば報告がありますので、そうなっていないと思います」

路上での飲酒や会食について、30日までに421グループ、計1600人に声掛けしたと明かした。

外出せずに感染防止に頑張っている人もいるのだが、こうやって自分がしたいことをやっているのを見ると残念に思う。

スポンサーリンク