下津健司裁判長のwiki経歴や顔画像や学歴は?飯塚幸三への判決を東京地裁で

東京地裁の下津健司裁判長が、東京都池袋事故の飯塚幸三被告(90)に判決を本日(2021/09/02)行われ、注目が集まっています。

クロキン
クロキン
こんにちは、クロキンです。今回の記事では、下津健司裁判長を取り上げます。

今回の記事では、「下津健司裁判長のwiki経歴や顔画像や学歴は?飯塚幸三への判決を東京地裁で」についてまとめています。

スポンサーリンク



下津健司裁判長のwiki経歴や顔画像や学歴は?

下津健司裁判長 顔画像

名前:下津健司(しもつ・けんじ)
生年月日:S41年11月17日
職業:東京地方裁判所判事

スポンサーリンク



経歴

H31.4.1 ~
東京地裁17刑部総括

H30.4.1 ~ H31.3.31
東京地裁17刑判事

H26.4.1 ~ H30.3.31
高松高裁事務局長

H25.4.1 ~ H26.3.31
高松地裁刑事部部総括

H22.4.1 ~ H25.3.31
東京地裁1刑判事

H18.4.1 ~ H22.3.31
司研刑裁教官

H16.4.13 ~ H18.3.31
佐賀地家裁判事

H15.4.1 ~ H16.4.12
佐賀地家裁判事補

H12.7.24 ~ H15.3.31
水戸地家裁判事補

H8.4.1 ~ H12.7.23
東京地裁判事補

H6.4.13 ~ H8.3.31
広島地裁判事補

引用元:https://yamanaka-bengoshi.jp/2018/01/02/shimotsu46/ より

有名な担当事件として、日産自動車元会長のカルロス・ゴーンの役員報酬を過少記載したという金融商品取引法違反を下津健司氏が担当しました。

そして現在注目されている、平成31年4月19日発生の東池袋自動車暴走死傷事故を担当しています。

学歴

早稲田大学出身。

現在、東京地方裁判所(刑事部)の17部を担当しています。

下津健司裁判長 東京地方裁判所

スポンサーリンク



飯塚幸三への判決を東京地裁で

25倍の倍率で、傍聴希望者は22席に対して563人。

日本中が注目している裁判となっています。

 裁判で飯塚被告は、「車の異常だった」などとして無罪を主張、検察側は、「ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故だ」として、過失運転致死傷罪の法定刑で最も期間の長い禁錮7年を求刑しました。また、遺族は、「重い実刑判決」を望んでいます。

 判決は、きょう午後2時に言い渡される予定で、東京地裁が、事故原因として「踏み間違え」を認定するかどうかが焦点です。

誰がどうみても、飯塚幸三被告が乗っていた車に不備が無かったことは明らか。目撃者や証拠動画から、飯塚幸三被告の無罪が通るはずがありません。

自分の非を認めることが重要で、年齢は関係ない。厳しい判断を、下津健司裁判長に求めている日本人が多いことが分かると思う。

「上級国民」などという噂が上がっているが、裁判では公正な判断を下津健司裁判長にお願いしたい。

世間の反応

コメントを見る限り、飯塚幸三被告に厳しい判決を望んでいる人が多いことが分かる。
下津健司裁判長は、この裁判で遺族側が遺影を持ち込むことを禁止した。そのことで世間からバッシングを受けることとなってしまったのだが、法律に厳格である下津健司裁判長は一切認めることをしませんでした。
下津健司裁判長は裁判に、公正な判断が必要だと考えるため、私情や忖度を持ち込まない為に遺影の持ち込みを禁止したと考えられます。