black-newstv

今日話題になっているニュース

【日本人初】井上拓真が判定勝ち!兄の尚弥は2R・TKO勝ち動画

井上拓真

本日(2022/06/07)開催されたプロボクシングで、井上拓真選手が判定勝ちし日本人初のタイトル4本となり、兄の井上尚弥先取が2R・TKO勝ちしたことが報じられました。


スポンサーリンク




【日本人初】井上拓真が判定勝ち!兄の尚弥は2R・TKO勝ち動画

井上拓真

井上拓真選手の試合について、日刊スポーツは次のように報じています。

プロボクシング元WBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真(26=大橋)が、日本同級王者の古橋岳也(34=川崎新田)を3-0の判定勝ちで下した。WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王座に続き、日本王座を獲得して2冠となった。

世界王座を獲得し、東洋太平洋王座は2階級制覇。17年から国内公認となったWBOアジア・パシフィック王座も手にした。日本王座も加えて手にしたタイトルは計4本。兄尚弥とは違う道の「日本人初」となる。父真吾トレーナーは「日本王座は伝統があり、この挑戦はすごく良いこと。また世界王座を目指すため、しっかり結果を残せばいい」と強調した。

YouTubeで動画を検索してみると、すでに投稿されていました!

海外の試合の動画で、実況が英語となっています。動画では、どちらが勝ったのか分からないのですが、判定勝ちで井上拓真選手が勝利しています。

スポンサーリンク




井上拓真選手の試合を見たファンの反応

井上尚弥は2R・TKO勝ち

日刊スポーツは、井上尚弥選手の勝利を次のように報じています。

<プロボクシング:WBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王座統一戦12回戦>◇7日◇さいたまスーパーアリーナ

WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が日本人初の3団体統一に成功した。

WBC世界同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)と3本のベルトを懸けて拳を交え、2回1分24秒、TKO勝ち。19年11月、階級最強を決めるトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝以来、約2年7カ月ぶりの再戦を制した。

井上尚弥選手が本当に凄すぎる!

個人的な印象なのですが、負ける予想が出来ない。今日行われた試合も、勝ちが確定しているだろうなーと思っていました。

スポンサーリンク




井上尚弥選手の試合を見た人の反応

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA