本日(2022/07/31)、フリーランスでドキュメンタリー制作をしている久保田徹さんがミャンマーで拘束されたことが報じられました。

久保田徹さんは何故ミャンマーで拘束されたのでしょうか?

久保田徹 抗議デモが原因でミャンマーで拘束か?

この投稿をInstagramで見る

 

(@torudox)がシェアした投稿

久保田徹さんがミャンマーで拘束されたことについて、Yahoo!ニュースでは次のように報じています。

30日午後3時半(日本時間同6時)ごろ、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで国軍に対する抗議デモに参加していた日本人男性、クボタ・トオルさんが治安当局に拘束された。複数のミャンマーメディアが報じた。  

報道によると、クボタさんはデモに参加していたミャンマー人の男女2人とともに拘束された。治安当局が押収した3人の持ち物からはカメラや軍政を批判する内容が書かれた服などが見つかったという。

上記の通り、久保田さんは抗議デモに参加していました。

一緒にデモをしていたミャンマー人の2名も拘束されていることから、抗議デモが原因で拘束されたと考えられます。

大使館では、久保田さんの早期釈放を求めるよう働きかけるもようです。警察の情報によると、久保田さんの健康状態は良好だそうです。

世間の反応

スポンサーリンク




久保田徹 Wikipediaプロフィール

この投稿をInstagramで見る

 

(@torudox)がシェアした投稿

名前:久保田 徹(Toru Kubota)

年齢:26歳(1996年産まれ)

出身:神奈川県

学歴

  • 2011年~2013年、Westside Christian High School
  • 2014年、学習院高等科 卒業
  • 2019年、慶應義塾大学 卒業
  • 2018~2020年4月、University of the Arts London(MA Documentary Film)
  • 2013年~2016年、学生団体S.A.L.
  • 2018年1月~、Freelance Filmmarker

経歴

慶應大法学部在学中の2014年よりロヒンギャ難民の取材を開始し、ドキュメンタリー制作を始める

その後、Al Jazeera English、NHK World、VICEなどの国際メディアにてディレクター、カメラを担当

社会の辺境に生きる人々、自由を奪われた人々に寄り添いながら静かにカメラを向け続けています。

監督作は札幌国際短編映画祭ほか、国内外の映画祭にて出展多数

公式SNS

Instagram torudox

この投稿をInstagramで見る

(@torudox)がシェアした投稿

Twitter @torukubota23

公式サイト https://torukubota.myportfolio.com/

YouTubeチャンネル Toru Kubota

スポンサーリンク




スポンサーリンク