和歌山市内で起きた強制わいせつ致傷事件で、和歌山県海南市の大谷幸治容疑者43歳が逮捕されたことが大きく報じられました。

大谷幸治容疑者がどんな人物なのか調べてみました。現在テレビやネットなどで報道されている内容を参考に作成しています。

スポンサーリンク




大谷幸治が強制わいせつ致傷で逮捕!和歌山市内

大谷幸治容疑者の逮捕についてYahoo!ニュースでは次のように報じています。

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、和歌山県海南市に住む警備員・大谷幸治容疑者(43)です。

大谷容疑者は今月16日午前4時ごろ、和歌山市内の歩道で40代女性にいきなり抱きつき押し倒した後、人気のない駐車場の辺りまで女性を引きずり、わいせつな行為をして、けがをさせた疑いがもたれています。

警察の取り調べによると、大谷容疑者は容疑を否認しています。

お酒を飲んでいたため、覚えていないと話しているようです。

スポンサーリンク




被害者

逮捕に至った経緯ですが、近くにいた通行人の方が警察に通報。

その後、防犯カメラなどの映像を元に大谷幸治容疑者を特定し、逮捕しました。

被害者の女性は、ひざを打撲するなど全治8日のけがをしてしまいました。

世間の反応

通行人さんが通報してくれて良かった。監視カメラもそうだが、結局誰かが見てて、逃げられないんだから、認めなさいよ。

見出しだけみたら、警備員が服務中に犯行に及んだとも充分にとれる。夜中に安全を守る警備員がこの様なまぎわらしい情報で信用出来なく見出しであり、真面目に体をはって勤務してる警備員に迷惑。

記事はあまり間際らしい見出しをつけるな。
風評被害につながる。記事の書き方に偏見や悪意すら感じる。

確固たる証拠がある場合、現行犯の場合は加害者の証言何か無視すればよい。
本当に覚えて無かろうが、保身のための偽証だろうが、記憶より記録。
客観的に見えない記憶なんて無視。
客観的に見える記録が事実であり、覆ることはない。
精神疾患、酩酊など加害者の事情を1ミリも考慮する必要はない。

スポンサーリンク




大谷幸治のWiki プロフィール

2022/08/19和歌山市内で起きた事件で逮捕されたのは、大谷幸治容疑者です。

現在分かっている大谷幸治容疑者の情報は以下の通りです。

名前 大谷幸治
年齢 43歳
住所 和歌山県海南市
職業 警備員

容疑者の顔画像

大谷幸治容疑者の顔画像を調べてみたのですが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

今後、この事件が大きく報じられることがあれば、テレビなどで大谷幸治容疑者の顔画像が公開されると思いますので、公開されたら記事の更新を行います。

もうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク




大谷幸治容疑者のSNS

容疑者がどんな人物なのか、SNSを見ると分かるので Facebook・インスタグラム・Twitter などを調べてみました。

Facebook

大谷幸治容疑者の名前で検索してみると、複数の同姓同名のアカウントを発見することが出来ました。

⇒Facebook

ですが、顔画像が公開されていないことから、大谷幸治容疑者の Facebook のアカウントを特定することが残念ながら出来ませんでした。

本名でアカウントを作成する必要があるFacebookで見つけることが出来なかったので、逮捕される前に削除したか、そもそもアカウント自体が無かった可能性もあります。

インスタグラム

次に調べたのは、大谷幸治容疑者のインスタグラム。

大谷幸治容疑者の名前で、インスタグラムでも検索してみたのですが、アカウントを特定することが出来ませんでした。

⇒インスタグラム

削除した可能性もありますし、匿名で運営していた可能性もあります。

Twitter

続いて、Twitter でも大谷幸治容疑者の名前で検索してみたのですが、インスタグラムやFacebookと同様にアカウントを特定することが出来ませんでした。

⇒Twitte

Twitterを本名でやる人は少ないので、大谷幸治容疑者のアカウントの特定は難しいと思います。

スポンサーリンク




大谷幸治容疑者の学歴

大谷幸治容疑者の学歴については、いっさい報じられていません。

SNSなどで友人などが公開する可能性もありますので、情報が入り次第に追記していきたいと思います。

もし何か情報をお持ちの方がいましたら、コメント欄にて情報提供宜しくお願い致します。事実確認をした上で、情報の追加をさせて頂きます。

スポンサーリンク




まとめ

以上が、大谷幸治容疑者について現在分かっている情報です。

今後、新しい情報が報じられたら、追記していきます。

もし容疑者について何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメント欄にて情報提供を宜しくお願いします。”

スポンサーリンク