2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事を務める、元体操選手の田中理恵さんが、今月9日に顔を火傷(やけど)してしまったのですが、インスタグラムで綺麗に完治したことを報告。

田中理恵 やけど完治をインスタで報告
引用元:インスタグラム

スポンサーリンク



田中理恵 顔のやけど完治をインスタで報告!

火傷の治療方法は、「湿潤療法+肌再生療法」

肌再生療法

肌再生医療は、肌荒れ・目の下のクマ・シワ・ニキビ跡にも効果的で、女性には嬉しい若返り効果が期待出来る治療法。

湿潤療法

こんな方法があるのか?と目を疑うような治療方法で、傷を消毒しない・乾かさない方法で治す。

田中理恵さんのやけど治療はこの二つを組み合わせる事によって綺麗に完治しました。

スポンサーリンク



火傷直後の田中理恵

「どんな時でも笑顔で乗り越える」って、見ていて痛々しい。本当に綺麗に完治して良かったです。綺麗な顔にやけど跡は似合いません。

田中理恵 火傷直後
引用元:インスタグラム

世間の反応

昔、唐揚げ作ってて爆発して顔に油が飛んできたことがある。
キズパワーパッドで跡形なく治った。
高いだけあるわ。

友人も手の甲に熱湯で火傷をしたらしいけど、病院の湿潤療法で跡形も無く治ってた。

治った状態しか見てないから大した火傷じゃなかったのかと思って、治療前の写真を見せてもらったら、大袈裟でなく水ぶくれがテニスボールくらいになってた。凄いな湿潤療法。

今は小さな怪我程度なら自分でもキズパワーパッドで治せてしまうけど、「赤チンでも塗っとけ」という時代の自分達は、かなりの割合で膝小僧に傷跡が残っていたりする。