うすた京介の嫁・榊健滋

漫画家の「うすた京介」さんがTwitterで家が2年以上も売れないと発言し話題になっています。

三井のリハウスで販売されているのですが、価格が1億6800万。

うすた京介さんは現在家族で北海道に住んでいます。

そこで今回の記事では、「うすた京介の嫁の顔や年齢は?子どもは何人?1億6800万の豪邸」についてまとめていきます。

【画像】うすた京介の嫁・榊健滋の顔や年齢は?

うすた京介さんの嫁は榊健滋(さかき・けんじ)さんです。

うすた京介の嫁・榊健滋

うすた京介さんと同じ漫画家で、少年漫画やサスペンスを中心に描かれています。

代表作は、ǝnígmǝ【エニグマ】』、『ラブデスター

created by Rinker
¥418 (2021/09/20 03:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

うすた京介さんと榊健滋さんが結婚したのは2010年9月。

年齢は非公開となっているのですが、2005年から漫画家活動を始めていることを考えると30代の可能性が高いと思います。

スポンサーリンク



うすた京介の子どもは何人?

榊健滋さんは、2016年12月に長男を出産。翌年の2017年より不定期で妊娠と出産を記録した漫画を掲載しています。

2018年には、長女を出産し現在2人の子どもと一緒に北海道に住んでいるようです。

うすた京介の1億6800万の豪邸

うすた京介さんは現在北海道の札幌に住んでいるのですが、売りたい豪邸は神奈川県鎌倉市にあります。

2009年に一級建築士事務所に依頼し建てられた木造建築住宅。

うすた京介 1億6800万の家

スポンサーリンク



世間の反応

集英社が買い上げて新人作家さんのトキワ荘にしちゃえば、他誌で軽くトラブった作家さんが「え! 集英社ってそこまでしてくれんの? しゅ集英社スゲー…」ってゆープライスレスな効果になるのに

ぼくに一円で売ったら話題になりますよ
不動産は値段を下げたら売れます
漫画家さんとか漫画家さんとか漫画家さんが買ってくれますように。鎌倉はとても素敵な場所だから気晴らし散歩もいいですよね!