演歌歌手 かなでっち!

演歌歌手藤三郎さんの長女 かなでっち! さんが演歌歌手デビューすることが発表されました。

今回の記事では、演歌歌手でデビューした かなでっち! さんについて紹介していきます。

スポンサーリンク




演歌歌手 かなでっち! のwiki経歴!

演歌歌手 かなでっち!のwiki経歴!

名前:かなでっち!

年齢:不明

本名や年齢などは非公開となっています。

父親の藤三郎さんが72歳ということから、あまり若くはないと考えられます。

経歴

かなでっち! さんは、今までカラオケアプリの「ポケから」で毎日歌を配信。コンテストで優勝した経験もあるほどの実力者。

YouTubeで動画を探してみると、ポケからの配信が投稿されていました。

スポンサーリンク




かなでっち!演歌歌手でデビュー

演歌歌手でデビューするのは8月24日。

CDの楽曲は、「私を忘れないで」。この楽曲には、父親の三郎さんの曲も入っていて父子競演デビューとなる。

演歌歌手でデビューを勧めたのは父親の三郎さん

子供のころから、かなでっち!さんは歌を歌うのが好きだった。

昨年秋に「私の歌を聴いて」と頼まれ、森昌子さんの「哀しみ本線日本海」などの曲を数曲聴くと「うまくなったなー。CD出したいな」と思い、今回の演歌歌手でデビューに至りました。

スポンサーリンク




演歌歌手 かなでっち! のデビューを聞いた世間の反応

宇多田ヒカルさん大好きです。 お母さんが亡くなった経緯を知った時、なぜ彼女の歌に引力があるのか分かりました。強烈な孤独を言語化する能力に長けていることと日本では育たない音楽性を併せ持った事だと思います。 精神疾患の人と分かり合えない苦しみ、孤独は当事者にしか分かりません。 自分に起きていることや状況を言語化すると、大人の心を締め付けるような言葉になったのだなと思いました。 今、彼女が日本のメディアの餌食にならずに自分のペースで活動できている事にホッとしています。 この記事で、藤圭子さんにお兄さんが居た事と昔は一家で流しをしていた事を知りました。今は自分のペースで活動できる時代です。無理せず人生を楽しんで欲しいです。

宇多田ヒカルのファンとしてこのニュースはなかなか複雑なものがあります。 藤圭子さんが亡くなった際に、この伯父様がメディアを通じ宇多田さんのお父様を批判するなどして話題となり、宇多田ヒカルさんが「身内のものがお騒がせしております。お恥ずかしい限りです」と痛烈批判したことが記憶にあります。彼女によると、藤圭子さんが度々小遣い稼ぎに利用された相手で、長年絶縁状態にあったとのこと。 真相は当人同士にしかわからないことですが、その印象が強く、今度は宇多田さんを利用するの?という気持ちにどうしてもなってしまいます。コメントにあるような「使えるものは使わなきゃ」みたいな声にはあまり賛同できません。 同時に、かなでっち!さん自身の歌や実力をまだ知らないうちに、その印象だけで判断してしまいそうな自分にも自分で辟易します。が、まずは彼女の音楽を聞いて何を感じるか、どう思うかを自分なりに咀嚼したいです。

見出しがかわいそう。 普通にデビューするだけの能力があっただけなのに。宇多田さんを広告に使われたね。当分「宇多田ヒカルのいとこ」がついて回るのか。この業界は実力があっても、プロデュース力、良い楽曲など複合的でないと売れませんからね。それを払拭するだけの努力が必要になりますね。わかってることでしょうが。

 

 

 

 

スポンサーリンク